読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死にたがりと雲雀 ネタバレ、感想を結末までまとめてみました!

父親が人殺しの罪で島流しにされ、一人ぼっちになった幼い少女雲雀(ひばり)と、子供たちに学問を教える寺子屋の浪人、朽木(くちき)の心温まるヒューマンストーリーです。

死にたがりと雲雀 ネタバレと感想 その13

死にたがりと雲雀 ネタバレと感想

 

こんにちは。

ジーンとくる漫画、大好きな女の子

 

ルナ と言います ^^)

 

 

今日もこのブログに遊びに来ていただいて

ありがとうございます。

 

 

さてさて

このブログでは

最近ちまたで人気になってきている

 

死にたがりと雲雀

 

という漫画のネタバレや感想を

書いていきたいと思います!(^^)!

 

 

ネタバレの前に自分で読んでみたい

という方は、まんが王国

無料の試し読みができますよ~

 

 

→まんが王国

「死にたがりと雲雀」で検索してくださいね☆

 

 

 

この漫画を一言でまとめると

 

ジーーーーーーーーン、と

 

しっとり感動する漫画です。

 

 

雲雀という

お父さんが人を殺めてしまって

いくところがなくなってしまい

 

初め、人殺しの子ということで

いろんな偏見の目で見られながらも

 

寺子屋の浪人、朽木や仲間たちから守られ

また、雲雀も仲間たちのことを思い

 

なんだか読んでいると

心がシットリ~(*‘∀‘)になってくる

そんな漫画です。

 

1巻を何回かに分けてネタバレしていきますので

毎回見ていただけると嬉しいです(*^^*) 

 

それでは前回(その12)の続きは以下から ↓

 

その13 ↓

 

 

 

 

だんだん朽木との距離もちじまってきた雲雀。

そんな時事件が起きます。

 

 

同じ寺子屋の仲間の竜二が道を歩いていると

車力がすごい勢いで近づいてきます。

 

途中で気づいた朽木は竜二を助けに

車力と竜二の方に飛び込んでいきます。

 

車力は木っ端みじんに砕けて壊れてしまいます。

 

騒ぎを聞きつけた雲雀は

朽木と竜二の身を案じて現場に向かいます。

 

間一髪のところで無事だった

朽木と竜二の無事な姿を見た雲雀は

 

怒って駆け出していきます。

そして、怒ってはいるが安心もします。

 

無事で良かったと本当に一安心します。

 

 

 

 

 

と、その①~その⑬までに分けて

お話してきましたが

ここまでが1巻になります。

 

いかがでしたか\(^o^)/

 

 

ちなみに、

死にたがりと雲雀は、まんが王国で 

無料の試し読みができますよ~

 

まんが王国は電子コミックサイトの中でも国内最大級の品そろえで品数も豊富だし

 

なによりも

無料の武読みでかなり長く読むことが

できるのでおススメです☆

(漫画によって読める長さは違います)

 

しかも

docomoauSoftBankの公認サイトだから

とっても安心なんです。

 

だから私はいつもまんが王国で読んでます。

 

ぜひ読んでみてくださいね。

 

 

→まんが王国

「死にたがりと雲雀」で検索してくださいね☆

 

 

 

『死にたがりと雲雀』について書いた

他の記事も読んでみてくださいね ↓

 

 

→無料で読むやり方を詳しく知りたい方はこちらから

 

→その①から読んでみたい方はこちらから

 

→その⑫はこちらから